TV番組/ドラマ/海外ドラマ

マヤと「セノーテ」

ワンダー×ワンダー
「マヤ文明 謎の水中洞窟(くつ)」

*****************************
メキシコ・ユカタン半島のジャングルに点在する澄んだ泉「セノーテ」。
それは世にも不思議な水中洞くつの入り口だ。ダイバーを吸い込む水底。地下に広がる180キロ以上の水中迷路。謎に迫るため水中探査にカメラが同行する。そして、セノーテに残された古代マヤの遺物。そこには、マヤ文明独自の世界観が反映されていた。遺跡に導かれ、水中迷路を進んでたどり着いたワンダーな空間。
大自然の驚異と古代文明のミステリーに迫る。

*****************************

恐竜を絶滅されたといわれる巨大隕石が落ちたメキシコのユカタン半島。
その近くのジャングルに点在する「セノーテ」という水中洞窟が陥没して出来た青い泉…。
この地の巨大な水がめともなっているようです。

「セノーテ」の中は2重底になっている。
上の水・・・真水
下の水・・・海水
境目に浮遊物が挟まれている。

海からは11キロも離れているのに…何故海水が「セノーテに」??

浮遊物がない水中洞窟では、真水と海水との水の層がくっきりと見えたよ。
光の屈折率が違うから水平なラインがくっきり!!
「セノーテ」は海とつながっていた。
地下で100もの「セノーテ」が繋がっている事が分かり、総延長は180キロ!!
凄い…世界だよね~。

川のないマヤ文明を支える命の泉でもあります。
「セノーテ」を崇拝・・・とある儀式が行われていた
  
マヤ文明の痕跡がたくさん見つかる。
たくさんの人の骨⇒118体の遺骨

頭蓋骨の傷⇒頭の皮をはぐ時についた傷
子供の骨の首には、石おので切り落とした傷がついている

『生贄の風習』

「セノーテ」は雨の神が住む泉=雨乞いの儀式
人々は、最も大切な命を捧げた

マヤ文明と「セノーテ」の関係…興味をそそられますね~。
地下にあるセノーテ…地底湖みたいに本当に幻想的。
エメラルドグリーンだし、水も澄んでいる。
この地球にはまだ、こんなにも綺麗な所があったんだね。

マヤの地下世界。
空気濃度は低いけど…鍾乳石がキラキラ輝いている神秘的な世界。

「セノーテ」・・・・まだまだ謎があって本当に魅力的な泉ですね!!

=Link=
セノーテ」Wikipedia
[PR]
by Manami_Island | 2010-05-08 20:45 | TV番組/ドラマ/海外ドラマ | Comments(0)

幕末・会津藩・会津葵が好きな声優の島田愛美Official Blog★大河ドラマ館内[スペンサー銃による模擬射撃体験]八重たんの声、[八重の桜]方言指導


by 島田愛美