Diary

絵蝋燭

a0011534_23432313.jpg
「新版 名城を歩く8会津若松城」を読んでいて、ふと思った。

他の歴史関係の雑誌(書籍)なんだけれどね、「会津」っていう土地って要所要所の所で歴史に浮上してくるって事。
北の玄関口になっていたからかもしれないけれど…。

教科書で誰しもが習う主に西日本の名だたる武将達や出来事には敵わない。

でも地元の歴史をひも解くと、伊達政宗に攻め込まれたり、徳川家康が会津征伐に…の流れで関ヶ原の戦いが引き起こされたり、松平容保が京都守護職になり、戊辰戦争では会津が戦場となり・・・・など歴史の表舞台に出てくるんだよね。

めちゃめちゃ簡単に書いてしまったけれど、会津も時代と時の権力に翻弄された土地なんだな~と。

地元に居ると興味を示さなかったと思う。←多分(ーー;)
離れてみて、改めて自分の育った土地の歴史を学ぶ大切さだったり…を考えてしまいます。
[PR]
Commented by daiki at 2010-04-13 20:13 x
福島県の歴史ははあまり良く知らないのですが、
会津若松市が県庁所在地の福島市より有名なのは、なんだか不思議ですな。
Commented by Manami_Island at 2010-04-14 19:45
daikiさん>
県庁所在地・・・そうですね。
そう言われると、本当に不思議ですね~。
なんだろう…
歴史的な場所だから・・・かな??
by Manami_Island | 2010-04-12 23:41 | Diary | Comments(2)

幕末・会津藩・会津葵が好きな声優の島田愛美Official Blog★大河ドラマ館内[スペンサー銃による模擬射撃体験]八重たんの声、[八重の桜]方言指導


by 島田愛美